手作りのオリジナル食器で彩りを

食器は現在、路面販売でもインターネットでも沢山のデザインや種類が豊富に揃っています。その好みも色々で、和風の食器を好む方、洋風の食器が好きな方など様々な方がいらっしゃいますね。銅製や硝子製の食器、例えばカップひとつであっても作られている素材が違えば、叩いて形成する食器や手作りの食器など沢山の種類にわけられます。機械生産であれば大量に作り出すことが可能ですが、手作りの食器の絶妙なデザインの差や緻密な手作業での職人技はその風味も伴い、より味わい深い佇まいとなりますね。ポーセラーツという名称の、食器専用に制作された転写紙を貼りつけ焼成するという方法もあります。焼成は専門の方に依頼することとなりますが、体験などで転写紙をデザインする機会などもありますね。そこでは自分の好きなデザインで転写紙に描き込むことが可能ですので、好みのデザインであったり、プレゼントしたい方の好きな図柄であったり、そうしたオリジナルの食器をつくることが可能です。利便性や見た目など、制作過程も完成してからも楽しめる要素が沢山詰まっていますので、一度体験してみても良いかも知れません。